先月のストレートパーマ講習会☆

  • 2017年07月07日
  • BLOG

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 先月のストレートパーマ講習会☆
Facebook にシェア

 

 

 

こんにちは!

吉賀です☆

久々の外部講師をお招きしてストレートパーマの講習会をしました。

美容師向けのマニアック記事なので(笑)興味のある人だけお読み下さい^^

 

まず 白いハンチングの人が先生です。

都内大手のカンパニーに在籍している青山のサロンYokeテクニカルディレクター江原氏です。

ミルボンの商品開発に携わり歴代のストレートパーマを生み出してきました。

今流行のネオリシオの生みの親です。

僕とは26年位の付き合い。共通の趣味を通してお互い美容師になる前からの友人で僕がリスペクトする一人です。

 

 

 

 

 

一般的に講習には2種類あって

 

一つは

メーカーさんの新商品説明会で目的は【成分説明 使用感 以前のモノと比較したメリット】です。

つまり買い手と売り手が成立する為の集まりです。良い商品なら入荷するという事を決める集まり。

 

二つめは

同業者が同じ職人としてスペシャリスト認める美容師のデモンストレーション.目的は【一瞬たりとも見逃せないサロンの現場で起こすミラクルを見て聞いて盗む。】ことです。

今回は上の写真からみても分かる様に二つめの講習です。

 

僕達は技術職で多かれ少なかれ指名のお客様を抱えています。つまり下手ではない事は事実です。

じゃあなぜ、スタッフが必死に動画におさめる光景が産まれるのか?

これは本気で一つの物事に取り組んできた人が講師にならないと起こせない講師のパッションです.

事実美容師は正直なんでつまらない講習は失礼なくらい眠い顔しますから💦

 

※写真は中間水洗といって薬の流し方の工夫で髪の仕上がりと今後のダメージが変わる.という科学的な説明

 

 

 

かたや僕も自分なりにストレートパーマはそこそこ出来ます。

日頃からダメージに合わせ様々なタイプの薬を調整しアルカリから弱酸性までの幅を使い分けお客様をキレイに仕上げています。

僕も人には教えられるけど自分以上に彼を認めているから来てもらいました。

現場のスタッフには自店浦の店長やマネージャーのレベルを超えて欲しいと思ってます。それがまた励みにあるので。

ですが残念ながら上のレベルを見て向上心を合わせてしまう事が多いようです。これは日本全国どこのサロンも同じだそうですね。

友人が来て教えてくれる事は嬉しい事ですが,同時に自分が向上心を持たないと本当の意味で講習は成功にはならない。

 

 

 

 

 

 

この機会をバネに今まで以上にお客様に大感動を与えられるサロン、会社を創って行こう!と決意した一日でした。

もちろん今も継続中^^です!

 

 

 

 

 

 

このパッションを感じ過ぎてかプティ松本の髪まで赤く変化しました^^

 

げんちゃん有り難う!

今度真夜中の表参道クルーズしようね!!

吉賀