カラーのお客様が沢山来てるのに何故,講習を受けるのか?


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - カラーのお客様が沢山来てるのに何故,講習を受けるのか?
Facebook にシェア

 

お客様はカラーをしに毎回サロンに通って頂いてお気付きだと思いますが、担当者によってカウンセリングも技術手法も様々ですよね。

まして仕上がりの満足度もまちまちです。

色の世界は感覚になりやすく、仮にお客様もオーダーしたカラーの仕上がりに不満がある場合,不満なのは色なのか?もしくは明るさなのか?を担当者に説明し難いと思います。

そもそもヘタをすれば美容師さんのセンスにケチをつけちゃうみたいで嫌だなって事もあると思います。

また違うパターンでは

お客様が、(前回のカラーが凄く良かったから同じでお願いします!!)って担当者に伝えても仕上がりの雰囲気が違う感じになっちゃった。

でも担当者には(同じお薬を使って染めましたよ?)なんて言われると納得せざるおえない。

でも本当は違うんです。

染め続ける事で髪も変化するので前回と同じ色にするには調合を髪の変化に合わせて変えないといけないんです。

最近多い例で言うと

ドラッグストアで買ったカラー剤で失敗してお治しにサロンに来て下さる方々の大半は最初の数回はなんとなく上手くカラーが染まった!でもその後数回目で変になって失敗!

同じ薬剤を使う=同じ色  では無く

変化に合わせて薬をミックス=同じ色  なんですよね。

カラーが上手ってそういう事なんだと思います。だからヘアカラーのプロって存在するんですよね!もちろん市販のカラー剤とはそもそも成分の良質さも違いますが。

 

今まで以上にヘアカラーでお客様の望みのイメージにしてあげる事。

お肌に合う色を一緒に見つけてあげれる事。

いつまでも安心してヘアカラーを満足してもらうため繰り返すヘアカラーで起こるダメージ対応や頭皮トラブルも極力防げる出エイジングケアも兼ねたヘアカラー。

 

これからもっともっと喜ばれるサロンにしていきます!!

楽しみにして下さい^^

 

blogへ戻る