カラーデザイニストの仕事

  • 2016年09月10日
  • BLOG

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - カラーデザイニストの仕事
Facebook にシェア

 

 

petit rogo 2016 -Authenticー

 

お客様がヘアサロンに行く時はネットでも電話でもメニューで予約をしますが

なりたいイメージに対してメニューから選ぶのって難しいって思う時がよくあります。

 

例えば

 

髪に軽い動きを出したい!と思った時はメニューをカットで選ばないと。。と思う人が多いと思いますが

 

髪に軽い動きを出したい!=梳いて欲しい勘違いされたら嫌だなって思うお客様も多くいると思います。

 

髪に軽い動きを出したい=ハイライト&ローライトという選択をすると思いがけない良い結果になる事もあります。

 

 

カラーを主軸に考えるカラーデザイニストの提案に良い意味でハッとしてもらえたビフォアアフターをご紹介します。

 

リスクを無くして

最小限で最大限の効果を出したパターンです♪

 

 

 

before

%e3%83%93%e3%83%95%e3%82%a9%e3%82%a2

 

after

%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

 

トップの見える所だけリタッチ&二色の寒色系ローライトのみ。時間は1H(1時間)のみです。

このメニューのメリット(デザインはあくまでお客様の好みです)

※相乗効果で抜けてしまった色味も加えられます。今回はブルーグレージュ。

※カットで予約を頂いた場合と同じ1H内での短時間で低料金なご提案であったりもします。

※何より梳きたくないけど動きと軽やかさが欲しい人にはうってつけ。

 

お客様は予約するのにメニューを選ばなくては予約出来ないだけで

メニューはデザインする上での行程にすぎないと思います。

なのでなりたいイメージをちゃんと理解する事は技術と同じレベルで捉えています。

結果、メニューはこちらからもう一度提案する事もあります。

ヴァンカウンシル プティにいらっしゃるお客様はいつもキレイで可愛くなります^^

是非プティスタッフにお任せ下さい☆

 

%e5%90%89%e8%b3%80

 

担当 カラーデザイニスト yoshiga

 

insta-rogoスクリーンショット 2016-03-15 11.58.01

 

vancouncil petit press