ワールドレベルでNO1【マテリアルストレート】何故?そんなにいいの??

  • 2016年05月30日
  • BLOG

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ワールドレベルでNO1【マテリアルストレート】何故?そんなにいいの??
Facebook にシェア

petit rogo 2016 -Authenticー

 

プティの人気ストレートパーマ

マテリアルストレートの人気の秘密をご紹介します。

何故そんなに良いのか??理由を書きます。

梅雨時でストレートしようかどうしようか?迷ってる方,美容師さんで今お使いの薬剤より良いストレートをお探しの方,是非時間ある時にでも読んで下さい。

 

まず私達ヴァンカウンシルプティのコンセプトの一つに[素髪感]ということを大切にしています。

率直に言うとマテリアルストレートはこの素髪感を叶える最高のストレートなのです!!

素髪感の定義は名前の通り元の髪、本来のキレイな素の状態の髪を意味しています。

 

どんなにキレイな髪であっても素髪でない状態とは?

 

わざとらしく行き過ぎたピッカピカな髪

NG理由は   

自分本来の髪よりもっとピカピカになれる理由は?髪の表面のマスキング(保護剤)が多すぎる.結果狙ったカラーリングの明るさが暗くなる事が多い。


指通り良く凄くしっとりし過ぎている髪

NG理由とは

油分が多く髪が重くなるタイプです。髪が重くなるのでヘアースタイルはみ〜んなぺったんこです。

キレイになったけど。。。そもそもどうよ?この髪型?って感じな事も多いです。

 

薬剤には大分類すると弱酸性 とアルカリ性 の成分があります。

通常、一般のヘアサロンの主力ストレートの成分はアルカリです.アルカリは薬が強いので、緩和させるトリートメントでダメージを補うんですが、その成分の多くに上の行き過ぎたピッカピカ感,凄くしっとりし過ぎてる髪になる薬剤で出来ていることが多いです。(ただ仕上がりは美容師さんの個人レベルで善し悪しの差はアルカリでも違います。上手い人は上手いので。)

そして正反対の弱酸性はpH7弱といって髪に最小限の負担でクセ毛をストレートにできるのでしっとりし過ぎてる薬を使わなくても素髪でサラサラに。

これが弱酸性マテリアルストレートの魅力です。

私達はカラーの専門店として素髪を維持するために様々な薬剤に配慮しています。

カラーをしているから出来ないかな?ストレートとかパーマスタイルは。ってことは本来無いです。

是非弱酸性のマテリアルストレート、お試し下さい^^

 

1

 

2

 

 

 

hair make /  masashi  watanabe

photo/  takeshi  yoshiga

 

vancouncil petit press

insta-rogoスクリーンショット 2016-03-15 11.58.01