Leonor Greyl -paris-

  • 2016年03月19日
  • BLOG

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Leonor Greyl -paris-
Facebook にシェア

petit rogo 2016 -Authenticー

 

プティに新しいヘアケアが登場しました。

パリに本店を構える【レオノール グレイユ】というヘアとスキンケアのコスメです。

 

レオノールーblog

 

 

右より

ユイル レオノール グレユ

シャンプー前のプレトリートメントオイル

¥5616(税込)

パームオイル、セサミオイル、マンケッテイオイル配合。

髪の洗い過ぎによるダメージやヘアカラーの持ちの悪さが気になる方にオススメです。

シャンプー前には髪の毛に付着した汚れやスタイリング剤などを浮き立たせ、オイルを髪の毛に浸透。 乾燥した髪の毛全体と毛先に万遍なく塗布し全体にいきわたるようにし、やさしくブラッシングオイルをつけてから10分以上放置(一晩つけたままでもよい)その後に髪質にあったシャンプーで洗い流します。

また、デイタイムは、傷んだ毛先や乾燥の多い部分に少量つけ、デイタイムオイルとして使用します。

 

中央

ユイルドマグノリア

顔とボディのためのオイル

¥5616(税込)

プロビタミンを多く含んだボタニカルオイルとマグノリアの花の繊細な香りが融合、乾燥しがちなお肌を保湿する。

バームと違い揮発性は高くベタつかないのがポイント。しかしモチッとしたすべすべなお肌になります。肘から腕まわり、手の甲に効果大です。

気分がとっても上がるパフォーマンスの高いフェイス&ボディートリートメントです。

 

マスククインテッセンス

ひどく傷んだ髪の毛のための最終兵器。髪を内側から再生し、補修。

¥17820(税込)

繰り返してきたサロントリートメントが効かなくなってきた頃の人にオススメです。

 

話は変わりまして、よくお客様に聞かれる事ですが

(カラーをしている髪にとって良いシャンプートリートメント商品はなんですか?)という質問が多くあるのでお答えします。

まず

カラーやパーマは髪のタンパク質を壊しやすい化学物質です。したがって同じ化学物質でモタンパク成分のアミノ酸系シャンプートリートメントが元の素髪に近い状態を維持します。なので一言でいうとアミノ酸系がベストです。

しかしこのレオノールグレイユはアミノ酸系ではありません。

自然由来の素材だけ扱うナチュラルな商品です。

なぜ、このようなナチュラル商品を取り入れたのかというとプティではカラーパーマを楽しんで頂いてるお客様が多く施術では全てにおいてアミノ酸系で処理しています。

しかしなんでもバランスが大事なんですねどういうことかというとアミノ酸系というのは優良のシリコンと油分が多く含まれます。

これは徐々に髪に蓄積するのでモタッとしたりペタッとします。これから湿度の上がるシーズンにとっては特にです。

レオノールの商品はこのモタっとペタッとの原因の蓄積し過ぎた化学物質のアミノ酸をキレイに余分な分だけ取り除くのです。この余分な分だけ、が大事なポイントです。

これがノンシリコンシャンプーだと取り過ぎになる可能性が高いのです。

つまりレオノールが素晴らしいところは髪本来の美しさを取り戻してくれるところ。

この髪本来の美しさってなってみると感動します。

 

他に紹介出来てない商品もございますが,その他は新しいカラーとパーマ専用のスパトリートメントのメニューでご利用出来るので楽しみにしていて下さい^^

 

vancouncil peti press

 

 

立川美容室カラーで人気