FragranceとE-STANDARDの関係

  • 2015年12月01日
  • BLOG

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - FragranceとE-STANDARDの関係
Facebook にシェア

香水の香りは時間がたつにつれて変化しますよね?

香水をつけて10分くらいの香りをトップ・ノート、揮発性の高い香り。

少し時間が経って20分から30分ぐらいの香りをミドル・ノート、個性・テーマ・特徴のある香り。

大分時間が経って消えてしまうまでの香りをラスト・ノートといい揮発性の最も弱い香りです。

そして繰り返すこだまの様な香り

これをリフレインノートというそうです。

一日の中で変化を楽しめるんですね。

この香りを調香する人はパフューマーといいます。

 o

 

プティで取り扱っているE-STANDARDの香りはパフューマーによって香り付けされました。

通常シャンプー等の香り付けはフレーバリストがするそうですが

パフューマーによって香り付けされたE-STANDARDのこだわりとは

一日の疲れをゆっくりと五感から癒す。

また気分をリラックスさせて集中力を高めたりと

香りがもたらす効能をも贅沢に楽しんで頂きたいという想いからです。

e

 

そしてこのシャンプーの香りを担当したのが

大沢さとりさんです。http://parfum-satori.com/jp/about/

o1satori

  CHANELのパフューマーで唯一の日本人。大沢さとりさん。

香水はオーダーメイドが30万円から出来るそうです。

E-STANDARDにはこのような背景がある商品だという事を皆様に知って頂きたく

ご紹介させて頂きました。

 

世界が認めるファイブスターホテルのアメニティ

で使用されるわけですね♪

 

 

vancouncil petit press

過去のBlogはコチラより

http://www.van-council.com/blog

 

 

 

 

立川美容室カラーで人気